ギニア湾に面している西アフリカのガーナ。





海岸線を移動していると、奴隷貿易の拠点となっていた要塞をたくさん目にすることができます。かつて奴隷貿易で栄えた歴史的背景を感じることができる海岸線上。また、金も採れるこの場所はかつてゴールドコーストとも呼ばれていました。


そんなギニア湾の海岸線上にはたくさんのビーチがあります。
首都のアクラ周辺のボジョビーチやラボネビーチ。
サーフィンスポットとしても有名な、コクロビテビーチなどはアクラからもアクセスがよく人気ビーチのひとつです。





また、セントラル州のウィネバあたりもたくさんのビーチがあります。
セントラル州もアクラからアクセスもよく、観光客も多く訪れます。





そんな中でも今回は、ガーナNo1ビーチリゾート、ウェスタン州のブスアビーチをご紹介。

ブスアビーチ(Busua beach)

busuabeach,ghana,westafrica





ガーナで一番人気のビーチリゾート。





ウェスタン州のタコラディから1時間半ほどの位置にあります。
タコラディは、石油が見つかったこともあり、都市開発がすごい勢いで進んでいます。中国系の企業の進出もすごく、街は急速に近代化している印象。
同時に、観光地としての開発も進んでいて、ホテル、商業施設などの開発も進んでいるガーナ注目の都市です。





ブスアビーチ沿いにはたくさんのホテル、バー、レストランが並びます。
イベント事の時期でなければ、当日訪れてもホテルは見つかると思います。
海岸線沿いのレストランやバーではお酒は勿論フードもたくさん用意されているので、海を眺めながらのんびりした時間を過ごすことができるでしょう。





個人的なおすすめは、ジャークチキン(10セディ)がとてもおいしいので是非食べてみてください。
busuabeach,westafrica,ghana,





ガーナの海は汚いところが多いのですが、ブスアビーチはすごくきれいです。





海水浴はもちろんサーフィンも楽しむことができます。
波もそこまで高くなく、ビギナー向けにはとてもいい波で、地元の子供たちもサーフィン、ボディーボードを楽しんでいます。ビーチ沿いでサーフボードをレンタルできるので、サーフィン好きの方は是非楽しんでみてください。





海岸沿いから近くの通りにでると、ガーナのお土産やローカルレストラン、ショップなどが並んでいるので、お買い物なども楽しむことができます。
町の人たちも気さくな方が多く、とても雰囲気のよい町です。





アクセス

まずはタコラディへ




アクラのカネシステーション(トロトロ乗り場)からタコラディ行きのトロトロに乗ります。約20セディ前後で移動可能です。トロトロも種類があり、VIPバスなどはゆったりと座ることができるので、長距離バス移動が苦手な人にはお勧めです。
約4,5時間のバス移動となります。





また、タコラディは空港もあるので、アクラのコトカ空港からタコラディ空港まで飛行機でいどうする空路もあります。
飛行機だと1時間もかからず到着することができるみたいです。


ガーナの空路は、よくキャンセルがでるので、ご利用の際は十分注意してください。





タコラディからアゴナ(agona)まで


タコラディのステーションからアゴナ(agona)行きのトロトロに乗ります。


ガーナでトロトロに乗るときは、周りのガーナ人に行先を伝えると、丁寧に行き方を教えてくれます。ステーションで迷ったら、「ブスアビーチに行くので、アゴナ行きのトロトロを探している!」と伝えれば、案内してくれるでしょう。


タコラディからアゴナまでは3セディ前後で移動可能です。
約40分くらいでに到着します。


トロトロが苦手な人は、タコラディからタクシーを利用してもいいかもしれません。価格は交渉次第ですが、30-50セディくらいが相場ではないでしょうか。





アゴナ(agona)からブスアビーチまで


アゴナに到着するともう一息です。


アゴナからブスアビーチまで、ルートタクシーかドロッピングのタクシーの2パターン行き方があります。
ルートタクシーだと5セディ。
ドロッピングだと、10~20セディが相場です。


タクシーに乗り、20分くらいでようやくブスアビーチ到着です!





ガーナのビーチを楽しむなら、是非一度ブスアビーチに訪れてみてください^^